2015年1月21日水曜日

「ツールに溺れない-PDCAとマスタリー」~発明塾京都第213開催報告

第213回は、いつもの発明討議に戻りました。


前回、各自の「発明」について振り返りましたが、今回は、


「発明法」


を振り返ることに、時間を割きました。



繰り替しですが、発明を振り返ることには、2つの意味があります。


①その発明を、更によいものにする

②発明法を、更によいものにする

この、②のような「メタ」な部分が非常に重要です。


「時間を、メタな部分に投資して、将来の自由度を高める」


それが、


「マスタリー(熟達)」


です。



今回僕は、実際に「マシンビジョン」の新たな用途を創出する、というテーマにおいて、その場で、発明方程式を様々な観点から解いて、


「求められるどのような観点からも、問題は解きうること」


を、示しました。



「シェリル・サンドバーグは、幸運の銀のスプーンを
くわえて生まれてきたのか?それとも・・・」P.ティール


ツールを使うのは、その方が効率がいいから、のはずなので、


「より効率よく解ける手法」


を、常に追及する必要があります。


過去に教わったワンパターンな方法を、なんとなく、漫然と繰り返していても、どこにも行けません。

(そういう状態を”道具に使われている”と、僕は呼びます)


ツールは、目的とともに変化してこそ有効です。


日常生活で、「マスタリー」のために「PDCA(Plan-Do-Chech-Action)」を行う、としましょう。


「PDCAを行おう」


と掛け声をかけても、何も変化は起こりません。


「目的に応じたツール化」


が、されていないからです。僕が実際に行っている「ツール化」は、以下です。


①日記

②日報
③振り返りメモ

以下、少し詳細を見てみましょう。



①日記

以前も紹介したように、「5年日記」を使って、目標に対してどこまで来ているのか、毎年毎年の状況を日付で比較できるようにしています。

目標も変わりますが、変わりゆく目標を並べることで、本当に目指すところが見えてくる、という意味で「先読み」に向いています。


過去を振り返ることで、自分の成長はもちろんですが、


「失敗(特に、決断=意思決定の失敗)を明らかにする」


ことが、第一の目的です。


このフィードバックがあってこそ、よりよい意思決定が行えるようになります。



②日報

日々の業務、特に時間配分をチェックします。ドラッカーも同じことを書いていますが、僕は川崎重工時代に(ドラッカーの件は知らず)

「毎日、なんでこんなに忙しいんだろうか?」


と思って、全ての作業を時刻でメモをしたことがあります。当時、設計者だった僕が、最も時間を使っていた作業、それは、


「図面作製でも、設計計算でも、実験データの分析でもなく、”電話”だった」


ことがわかりました。当時、PCは2名に1台、自分の電子メールアドレスはあっても、取引先にはない(つまり社内用)、という時代でした。


「取引先に、FAXで図面を送って、その説明のために電話をかけまくる」


ことに、1日の80%以上の時間を使っていました。


畳何枚分もあるような巨大な図面を、A4に切って番号を付けて送って・・・今考えると、ローテク過ぎてゾっとします(笑

後に、自分の仕事を考え直す、きっかけになりました。


ちなみにその後、

「3次元データを、そのまま協力先に転送して、自動で金型が出来る」

みたいなPJをやりました。

「21世紀の仕事って、こうでなきゃ」

と思いましたね。


③振り返りメモ

これは、主に

「発明討議」
「各種セミナー/討議」

のログを残す/振り返り、方法論をブラッシュアップする、ために用いています。発明討議については、一部は手書きで整理しています。

「Why」

を掘り下げ、理論化することで、次の見通し(Plan)が立てやすくなります。


関連書籍からの引用なども付け加え、手法を進化/深化させるための、

「時間を確保する」

意味でも、

「どんなに時間が経っても」

必ずまとめることにしています。


皆さんも、日々の発明作業に埋没するのではなく、


「マスタリー」


のための作業を、きちんと日々の生活に組み込みましょう。



=======
✔ 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。
✔ 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
   (楠浦からのレターが、無料で週に1‐3回届く、とお考え下さい)
✔ 運営元 TechnoProducer株式会社 へのお問い合わせは、こちらへお願いいたします。