寄付活動と実績

発明塾では、2010年から、京都大学理学部への寄付活動を行なっています。
これは、設立当初の塾生との約束によるものです。

京都大学理学部への寄付活動は、我々以外にも多くの方が行っておられます。

京都大学理学部掲示板

楠浦も、寄付活動に先立ち、理学部事務局の方々とお話をさせていただき、研究活動の現状について、説明を受けました。寄付することのみならず、理学部でどのような研究活動が行われているか知ることも、重要と感じました。



2013年度も、各種のアイデアコンテストに多くの発明を創出/提案し、採択いただきました。「発明提案奨励金」「発明譲渡対価」「ライセンスフィー」など、発明塾生の発明および発明活動の対価として得た収入の一部を、4月に京都大学理学部に寄付する予定です。


寄付が正式に受理された後、関係者の皆様には、詳細を報告させていただきます。



以下、これまでの寄付活動の実績です。初年度の、楠浦個人名義での寄付は、実際には、活動の趣旨に賛同していただいた京都大学同窓生有志で行った、「同窓会」の剰余金の寄付です。


改めて、お礼申し上げます。ありがとうございました。



【寄付実績】
・2010年 楠浦個人名義での寄付

・2011年~2014年 TechnoProducer株式会社名義での寄付
(2015年は、発明対価が些少のため、2016年と合わせて寄付予定です。また、今後の参加者の多様化により、寄付先を変更する可能性があります)


また、既に報告済みですが、発明報奨金により「学費を賄うことができた」塾生も、おります。今後も引き続き、ご指導ご支援のほど、よろしくお願いいたします。